不動産コンサルティング
不動産の購入・売却をご検討の方へ

高度で多様なニーズに応える、”不動産コンサルティング”

不動産コンサルティングとは、不動産の利用・取得・管理・空き家の利活用・事業経営等について、助言・提案する業務です。
そのために必要な調査・分析等も業務に含まれます。また、必要に応じて、助言・提案に基づく事業の実施・事務の執行を行うこともあります。これらの業務に、資格士法に基づき資格士でなければ扱えない業務が含まれる場合には、専門の識者に依頼したり提携をしてコンサルティング業務を遂行します。
近年は不動産に対するニーズが高度化、多様化しており、ますます専門的なコンサルティングが社会的に求められています。
そこで生まれたのが不動産コンサルティングマスター登録制度です。







ー例えばこんな時、ぜひご相談下さい。ー


●賃貸アパート・マンション・住宅・オフィスビル・宿泊 施設・貸店舗・ロードサイド等への有効活用
●設計事務所・建築業者・管理業者等の選択 ●事業資金の調達●事業収支・経営等 ●テナント管理等


●事業方式(等価交換・定期借地権方式・事業受託・ 不動産信託等の選択) ●事業採算・資金調達方式など事業実施


●資産価値の査定、処分 ●相続時期における資産売却 ●相続対策 ●不動産の購入 ●空き家の利活用●町家の保全


●収益・テナントポリシー・コンセプト ●賃貸用ビルの経営・管理・クレーム ●借地・借家の権利関係の調査・整理
●定期借地権・定期借家権の運用 ●不動産賃貸借の賃料設定・契約・経営管理 ●管理信託・家族信託